学校生活風景

今年度も、ホームページで学校の様子や子どもたちの学校での様子をお知らせしてまいります。



プログラミング学習 ~ムンバイタイム~

 9月18日。

 本日の7時間目に本格的にムンバイタイム(プログラミング学習)がスタートしました。それぞれの学年によって、毎回の学習内容も異なります。

 

 1・2年生は、アンプラグド教材を使用して、しばらくプログラミング的思考を養っていきます。絵本のストーリーを通して、一人ひとり予想したり、みんなで問題を解決したりしたようです。紙でできたパソコンを組み立てたりもしていました。

 

 3~6年生は、基本的なPCスキルのおさらいをしました。普段の授業でもPCを使うことが多いのですが、一つ一つ確認していくと、

 

「今まで、出来たり出来なかったりしていたけど、今日はよくパソコンの使い方が分かるようになった」

 

「夢中になって、45分があっという間だった。楽しかった。」

 

と子ども達から声があがりました。

 

 実際には、ペイントソフトを使って、ダブルクリックやドラッグの仕方などを確認したり、キーボードソフトでどの指で文字を打つといいのかを確認したりしました。

 

 中学部は、本日は試験期間中ですので、次回からスタートとなります。これから回を重ねるごとに、プログラミング作成や基盤作成、ロボット作成などとどんどん発展的な内容へと移っていきます。

 

 子供たちも、火曜日の七時間目が楽しみのようです。


今週も笑顔でスタート

 9月17日。

 本日の朝の活動は、児童生徒朝会でした。本日は、文化委員会からの出し物で、クイズを行いました。

 

 各学年から1人、はてなボックスの中にある問題を取り出して答えを考えます。答えが分かったら、ホールの3か所①、②、③の札のところに移動して、解答を待ちます。

 

 朝から笑顔あふれる活動となりました。では、みなさんにも一つ問題を。

 

-Question-

「着いたら、他に行きましょう」と言われました。さて、どこの都道府県に行ったでしょうか。


遠くからの贈り物

 9月14日。

 本校の掲示板に現在、花の絵が飾られています。この作品は、夏休み期間中に、日本の兵庫県【花いちりん描く会】から送られてきたものです。

 

 ムンバイ日本人学校のホームページを見て、送って今回送ってくださることになったようです。お手紙にもありますが、これらの四季折々のお花の作品を見て、日本を感じ、楽しく幸せな気持ちにさせていただいております。

 

 こうして、遠く離れた場所ムンバイまで、日本人の子どもたちを気に掛け、応援してくださる方々がいらっしゃることに驚くことと同時に感謝の気持ちでいっぱいです。

 

 とても大切な縁になりそうです。


マドゥバニ体験

 9月12日。

 第3回インド体験クラブが行われました。今回は、インドの伝統絵画「マドゥバニ」です。

 

 二重線による枠取りと鮮やかな色彩を特徴とし、自然や神話を主なモチーフにしています。それぞれの学年の発達段階に応じて、作業を行いました。それぞれが自由な線を描き、色を塗り、個性がきらきら輝く2時間となりました。

 

 詳しくは、インド体験クラブのページをご覧ください。


ムンバイタイム開始!!

 9月11日。

 本日の午後、ムンバイタイム(プログラミング学習)がスタートしました。NTTコミュニケーションズ・インディアの後藤様をゲストティーチャーとしてお呼びして、プログラミング学習の導入を行いました。

 

 事前学習を行っていたこともあり、子ども達は

 

 「情報通信」

 「光ファイバー」

 「AI」

 「IoT」

 「シンギュラリティ」

 

 など、難しい言葉も理解できていたようです。子供たちの意欲関心を高めるためにたくさんの仕掛けを工夫をしていただきました。

 

光ファイバーやパソコンを分解した実物を見せてもらったり、

 

昨年度まで本校で働いていた職員とテレビ電話をしてみたり、

 

ミニカーが動き、それがブロックを倒し、センサーを反応させて、音楽を流すというアナログなプログラミングを見せていただいたりして、

 

子ども達のムンバイタイムに対する意欲を最大限に高めてくださいました。

 

 今回のために、本当に多くの時間と労力を費やしてくださった後藤様に感謝致します。子ども達もきっと感じ取ったことと思います。

 

「よりよい生活を送るために、どうしたらいいのか考えること。問題を解決するには、どうしたらよいかよく考えること。」

 

 よりよく考える子どもたちへ。


児童生徒朝会

 9月10日。

 本日の朝の活動は、児童生徒朝会でした。まずは、先月の生活目標を振り返り、そして今月の生活目標を確認しました。

 

 9月の目標は2つあります。

・校長会発表に向けて、計画的に行動しよう

・自分から進んで心を込めて挨拶しよう

 

 そして、それぞれ体育委員長と文化委員長から連絡がありました。みんな遊びの日のアンケートについてと本の扱い方についてでした。特に、新しい本が入ってきているので、みんなで大切に扱っていけるよう「しおりを使うこと」を確認しました。

 

 この朝会は、子どもたちが主体となって進めることで、自分たちのこととして感じ取り、よりよい学校生活を送くろうとするきっかけとなることを期待します。


新曲インドダンス始めました

 9月7日。

 本日の午後には、インドダンスクラブがありました。一学期のグルモハル祭に発表したものに加えて、新たに加えます。今日は、インドの子ども2人もデモンストレーションに来てくれました。

 

 新しいダンスということで、子ども達も嬉しそうに新しい振り付けを覚えていきました。やはり一つひとつの動きに意味があるものになります。

 

 2学期もたっぷりインドを体験していきます。


2学期の学習の流れ

 9月6日。

 本日の5時間目に、2学期の学習の流れを確認しました。

 

 まず、1つ目は、ムンバイタイム(プログラミング学習)についてです。来週の火曜日にゲストティーチャーをお呼びして、プログラミング学習の導入を行います。そのための事前学習を、動画を通して行いました。

 

 そして、2つ目に総合的な学習の時間についてです。今月末の校長会での発表・11月の学習発表会・修学旅行に向けてそれぞれ計画的に学習を進めていくように確認をしました。

 

 Step by Stepで、着実に子どもたちが総合的に力をつけてけるようにしていきます。


英語劇の練習スタート

 9月5日。

 本日から、学習発表会の英語劇に向けた本格的な練習が始まりました。夏休み期間中に、子ども達は台詞をほとんど覚えてきていました。

 

 週3回、英会話の授業を受けている子ども達。分からない単語も、なんとかフォニックスで読もうと頑張っています。これを続けていると、これから先、知らない単語が出てきても「カタカナ英語」にならずに、適切に発音できることが期待できます。

 

 この練習を通して、さらに英語の発音に磨きをかけ、人前で話し、動くことに慣れていってほしいと思います。

 


よりよい2学期に

 9月4日。

 本日は、午後に委員会活動がありました。

 体育委員会では、朝の10分間で体を動かせる活動を考えました。ホールという限られた場所の中でより効率的に、より安全に活動できるように意見を出し合い、工夫を重ね、建設的な話し合いをすることができました。

 文化委員会では、新しく届いた本に、ラベルを貼ったり、学校のスタンプを押したりしました。そして、注文した人が最初に読めるようにテーブルに並べました。

 

 2学期も学校生活がよりよいものになるように、みんなで協力してしています。


跳び箱運動

 8月31日。

 本日の全校体育では、ソーラン節の確認から、跳び箱運動を行いました。跳び箱をするのが初めてする児童もいるため、器具の運び方から指導を行いました。

 

 『跳び箱を安全に運ぶには?』

 

・一段目は、ひっくり返して白い柔らかい布の 方を下にして運ぶ。誤って落ちても最小限の怪我ですむ。

・二段目からは、一人でも運べる工夫が最近の跳び箱にはなされている。中央に1本持つことができる板があるので、枠の中に入ってその1本を持つ。中央の1本も、誤って落とした場合にも、最小限の怪我ですむ。

 

 そのようなことを確認した後に、スモールステップで跳び箱までやっていきました。

 

最初は、全く器具を使わずに、自分の体だけで。

 

次は、跳び箱の1段目だけで。

 

回転技の前には、マットで十分に練習してから。

 

 

 得意な子だけではなく、苦手な子も、嫌な思いをすることなく、少しずつ達成感を味わいながら学習することができました。

 


2学期保護者総会・説明会

 8月30日。

 本日は、午後より保護者総会・説明会が行われました。

 2学期の行事予定・新しく始まるムンバイタイム・学習発表会・野外活動・修学旅行・バス運営・その他まで盛りだくさんの内容ですが、スムーズに会を進めることができました。

 今後、変更等が出てくるかもしれませんが、調整していきたいと思いますので、ご理解とご協力宜しくお願いいたします。

 子供たちのよりよい成長につなげられるよい時間となりました。ありがとうございました。


お別れ会

 8月29日。

 今日の6時間目に、2年生の女の子とのお別れ会がありました。日本人学校では、たくさんの出会いがあり、そしてその数だけ別れもあります。

 

 児童生徒会主体となって、お別れ会を開きました。学校長・児童生徒会・学級の友だち一人ひとりからのお別れの言葉、メモリアルクリスタル、歌、そして学校全員からの寄せ書きを送りました。溢れんばかりの想いがホールを覆い、素敵な時間を過ごすことができました。

 

 きっと新しい場所でも、みんなに大切にされ、楽しい学校生活を送ることと思います。これからもずっとムンバイ日本人学校から応援しています。

 

 


2学期スタート!

 8月28日。

 学校が賑やかさを取り戻しました!そうです、今日から新学期スタートです。いつものように、子ども達をロビーで迎えました。

 

「泣かずに来れるかな?」

 

「笑顔で降りてくるかな?」

 

 そんな心配をよそに、元気いっぱいバスを降りてくる子ども達。もしかしたら、家を出る時は、そうでなかったかもしれません。しかし、友だちと再会し、安心したのかもしれませんが、たくさんの笑顔を見ることができ、安心しました。

 

 始業式では、終業式で学校長が子どもたちに問いかけた「インドを外から見てみよう」ということに関連して、現在の世界の気候についての話を聞きました。変化していく気候。私たちがより快適に過ごせるように考えていかなければならないという課題をもったことでしょう。

 

 そして、児童・生徒代表の発表では、4人が2学期に向けて話をしました。

 

 小学2年生の男の子の発表は、野外活動を楽しみにしており、その際に1年生が困っていたら自分が助けてあげたいという思いやりの心を込めた内容でした。

 

 小学4年生の女の子の発表は、ムンバイに来たばかりだけど、英語が上手なみんなに負けないように頑張りたいという力強い内容でした。

 

 小学6年生の男の子の発表は、文章を書くのが苦手なので力をつけたい、そして、学習発表会に向けて台詞をしっかり覚えていきたいと自分の苦手なところをしっかり分析して、改善していこうとするやる気に満ちた内容となりました。

 

 中学部の女の子は、優先順位をつけて物事に取り組めるようになりたい、昨年英語劇で練習が足りなったので今年の学習発表会は頑張りたいというプログラミング的思考も入った発表内容となりました。

 

 その後、各教室では夏休みの話をしたり、2学期のめあてを決めたりと、新学期の学校生活に対して意欲付けとなる学級活動を行いました。

 

 今学期もどうぞご理解・ご協力よろしくお願い致します。何かございましたら、お気軽にご連絡ください。

 

 


終業式

 7月20日。

 本日は、終業式でした。4人の子ども達が、1学期の振り返りを発表してくれました。卓球大会やグルモハル祭など、思い出がいっぱいできたようです。

 

 校長先生のお話では、「日本に帰国した時など、インドから出たときに、感じるインドの良さを感じておいてほしい」ということが話されました。生活科、総合的な学習の時間につながるインドと日本の関係を再認識できる絶好の機会となるでしょう。

 

 生徒指導からも話がありました。1学期の学習のまとめをすること、引き続き挨拶もこれから出会う人にすること等がありました。

 

 日本では、熱中症のニュースがよく流れています。水分補給と涼しい場所で休むことを忘れずに外出してほしいと思います。また、水難事故や火の事故等にも気を付けて、安全で楽しい夏休みにしていただけたらと思います。

 

 子ども達が帰った後に、ヨガマットの消毒と乾燥を職員で行いました。2学期も、良い環境で学習ができますように。


IT'S A MOVIE DAY!

 7月19日。

 今日は、楽しみにしてきたMOVIE DAYです。

ホールとライブラリーに分かれて、それぞれ鑑賞しました。

 

 どちらも、英語の字幕付きです。子供たちは、耳で聞いているのでしょうか。目で読んでいるんおのでしょうか。抑揚で感じ取っているでしょうか。

 

 1学期は、買い物とランチの校外学習、図工と美術でのイマージョン教育、グルモハル祭での英語での発表などと様々な場面で、英語を使い、たっぷりと浸ってきました。

 

 日々の英会話や英語の学習での成長を感じとる機会になれば思います。夏休みでも、何か英語をBRUSH UP出来る機会があるといいですね。


1学期の思い出

 7月18日。

 1・2年生の掲示板には、「1学期の思い出 ~クレヨンと絵の具で~」のコーナーが出来上がっています。

 

 プールで泳ぐ様子やラジャバイクロックタワーに行った時の様子などが描かれています。1学期の学校生活がフラッシュバックのように思い出されます。実際の写真と、子ども達の心情が分かる絵を一緒にご覧ください。

 

 明日の午後からは、個人懇談会になっております。子ども達の様子を共有できる有意義な時間となればと思います。宜しくお願いいたします。


小学校⇔中学校

 7月17日。

 現在、中学部の掲示板には、3種類の作品が飾られています。

 

 1 社会科の新聞

  「世界各地かの人々の生活と環境」

  「世界から見た日本の人口」

 

 2 国語科

  「本のショーウィンドウ」

 

 3 国語科

  「言葉を集めよう」

 

 中学生らしい物の見方や表現の仕方が見られます。小学生にも、国語や社会がどのように中学校での学習につながっていくかが分かあり、励みになります。


想いをかたちに

 7月16日。

 本日は、5年生の発表朝会でした。

5年生の発表。海外生活でのとまどいや不安を減らし、貴重で有意義な経験が増え、家族の絆が一層深まることを願って行いました。

 

 一人ずつ、自分の思いが伝わるように、前を向き、語りかけるように発表しました。題は、

 

 「本当に必要なもの」…コミュニケーションをとるにあたって、大切なもの【想い】

 

 「折り紙で広がる友だちの輪」…転校して、友だちを作るのに気付いた大切なこと【自分から】

 

 「未来のぼくからのアドバイス」…友達、家族、環境(ムンバイ日本人学校のオープンライブラリー)の大切さ【気付き】

 

 「スラムの子どもたちのためにできること」…スラムツアーを体験して、自身が行動に移したことを振り返り、感じたこと【ありがたさ】

 

 3年生から出た感想では、

「4人全員の思いが伝わり、拍手が止まりませんでした」とありました。

 

 4人の願いが伝わったようです。


グルモハル祭 ~Lovely day~

 7月13日。

 本日は、グルモハル祭当日。

 

朝から、

 

 縁日出店の最終準備

 

 日本人学校縁日練習①

 

 日本人学校縁日練習②

 

 IITスクールの児童への縁日

 

 和太鼓発表

 

 各学年部の発表

 

 インドダンス

 

 ソーラン節

 

と盛りだくさんでした。

 

 これまでに、学習してきたこと、練習してきたことを発揮できました。最後は、すっかりへとへとになるほど心地よい疲れを、そして達成感を感じることができたようです。

 

 

 たくさんの英語が、日本語が、笑顔が飛び交う一日となりました。

 

"Thank you for this lovely day."

 

"More interaction.. happy to see the efforts."

 

 

 IITの児童生徒さん、来賓の方々からもたくさんの素敵な感想をいただきました。とても喜んで帰られました。今回のグルモハル祭が、日本とインドの友好関係の一助になれたのならば幸いです。

 

 保護者の皆様も子どもたちの頑張りを一緒に見届けていただき、誠にありがとうございました。

 

 

To whom may concern,

 

Thank you very much for visiting our school today. We are looking forward to having next interactions very soon. Hope you all enjoyed Gulmohar festival this year!!

 

Best regards.

 

 

 

 


プログラミング学習 ~ムンバイタイム~

 9月18日。

 本日の7時間目に本格的にムンバイタイム(プログラミング学習)がスタートしました。それぞれの学年によって、毎回の学習内容も異なります。

 

 1・2年生は、アンプラグド教材を使用して、しばらくプログラミング的思考を養っていきます。絵本のストーリーを通して、一人ひとり予想したり、みんなで問題を解決したりしたようです。紙でできたパソコンを組み立てたりもしていました。

 

 3~6年生は、基本的なPCスキルのおさらいをしました。普段の授業でもPCを使うことが多いのですが、一つ一つ確認していくと、

 

「今まで、出来たり出来なかったりしていたけど、今日はよくパソコンの使い方が分かるようになった」

 

「夢中になって、45分があっという間だった。楽しかった。」

 

と子ども達から声があがりました。

 

 実際には、ペイントソフトを使って、ダブルクリックやドラッグの仕方などを確認したり、キーボードソフトでどの指で文字を打つといいのかを確認したりしました。

 

 中学部は、本日は試験期間中ですので、次回からスタートとなります。これから回を重ねるごとに、プログラミング作成や基盤作成、ロボット作成などとどんどん発展的な内容へと移っていきます。

 

 子供たちも、火曜日の七時間目が楽しみのようです。


今週も笑顔でスタート

 9月17日。

 本日の朝の活動は、児童生徒朝会でした。本日は、文化委員会からの出し物で、クイズを行いました。

 

 各学年から1人、はてなボックスの中にある問題を取り出して答えを考えます。答えが分かったら、ホールの3か所①、②、③の札のところに移動して、解答を待ちます。

 

 朝から笑顔あふれる活動となりました。では、みなさんにも一つ問題を。

 

-Question-

「着いたら、他に行きましょう」と言われました。さて、どこの都道府県に行ったでしょうか。


遠くからの贈り物

 9月14日。

 本校の掲示板に現在、花の絵が飾られています。この作品は、夏休み期間中に、日本の兵庫県【花いちりん描く会】から送られてきたものです。

 

 ムンバイ日本人学校のホームページを見て、送って今回送ってくださることになったようです。お手紙にもありますが、これらの四季折々のお花の作品を見て、日本を感じ、楽しく幸せな気持ちにさせていただいております。

 

 こうして、遠く離れた場所ムンバイまで、日本人の子どもたちを気に掛け、応援してくださる方々がいらっしゃることに驚くことと同時に感謝の気持ちでいっぱいです。

 

 とても大切な縁になりそうです。


マドゥバニ体験

 9月12日。

 第3回インド体験クラブが行われました。今回は、インドの伝統絵画「マドゥバニ」です。

 

 二重線による枠取りと鮮やかな色彩を特徴とし、自然や神話を主なモチーフにしています。それぞれの学年の発達段階に応じて、作業を行いました。それぞれが自由な線を描き、色を塗り、個性がきらきら輝く2時間となりました。

 

 詳しくは、インド体験クラブのページをご覧ください。


ムンバイタイム開始!!

 9月11日。

 本日の午後、ムンバイタイム(プログラミング学習)がスタートしました。NTTコミュニケーションズ・インディアの後藤様をゲストティーチャーとしてお呼びして、プログラミング学習の導入を行いました。

 

 事前学習を行っていたこともあり、子ども達は

 

 「情報通信」

 「光ファイバー」

 「AI」

 「IoT」

 「シンギュラリティ」

 

 など、難しい言葉も理解できていたようです。子供たちの意欲関心を高めるためにたくさんの仕掛けを工夫をしていただきました。

 

光ファイバーやパソコンを分解した実物を見せてもらったり、

 

昨年度まで本校で働いていた職員とテレビ電話をしてみたり、

 

ミニカーが動き、それがブロックを倒し、センサーを反応させて、音楽を流すというアナログなプログラミングを見せていただいたりして、

 

子ども達のムンバイタイムに対する意欲を最大限に高めてくださいました。

 

 今回のために、本当に多くの時間と労力を費やしてくださった後藤様に感謝致します。子ども達もきっと感じ取ったことと思います。

 

「よりよい生活を送るために、どうしたらいいのか考えること。問題を解決するには、どうしたらよいかよく考えること。」

 

 よりよく考える子どもたちへ。


児童生徒朝会

 9月10日。

 本日の朝の活動は、児童生徒朝会でした。まずは、先月の生活目標を振り返り、そして今月の生活目標を確認しました。

 

 9月の目標は2つあります。

・校長会発表に向けて、計画的に行動しよう

・自分から進んで心を込めて挨拶しよう

 

 そして、それぞれ体育委員長と文化委員長から連絡がありました。みんな遊びの日のアンケートについてと本の扱い方についてでした。特に、新しい本が入ってきているので、みんなで大切に扱っていけるよう「しおりを使うこと」を確認しました。

 

 この朝会は、子どもたちが主体となって進めることで、自分たちのこととして感じ取り、よりよい学校生活を送くろうとするきっかけとなることを期待します。


新曲インドダンス始めました

 9月7日。

 本日の午後には、インドダンスクラブがありました。一学期のグルモハル祭に発表したものに加えて、新たに加えます。今日は、インドの子ども2人もデモンストレーションに来てくれました。

 

 新しいダンスということで、子ども達も嬉しそうに新しい振り付けを覚えていきました。やはり一つひとつの動きに意味があるものになります。

 

 2学期もたっぷりインドを体験していきます。


2学期の学習の流れ

 9月6日。

 本日の5時間目に、2学期の学習の流れを確認しました。

 

 まず、1つ目は、ムンバイタイム(プログラミング学習)についてです。来週の火曜日にゲストティーチャーをお呼びして、プログラミング学習の導入を行います。そのための事前学習を、動画を通して行いました。

 

 そして、2つ目に総合的な学習の時間についてです。今月末の校長会での発表・11月の学習発表会・修学旅行に向けてそれぞれ計画的に学習を進めていくように確認をしました。

 

 Step by Stepで、着実に子どもたちが総合的に力をつけてけるようにしていきます。


英語劇の練習スタート

 9月5日。

 本日から、学習発表会の英語劇に向けた本格的な練習が始まりました。夏休み期間中に、子ども達は台詞をほとんど覚えてきていました。

 

 週3回、英会話の授業を受けている子ども達。分からない単語も、なんとかフォニックスで読もうと頑張っています。これを続けていると、これから先、知らない単語が出てきても「カタカナ英語」にならずに、適切に発音できることが期待できます。

 

 この練習を通して、さらに英語の発音に磨きをかけ、人前で話し、動くことに慣れていってほしいと思います。

 


よりよい2学期に

 9月4日。

 本日は、午後に委員会活動がありました。

 体育委員会では、朝の10分間で体を動かせる活動を考えました。ホールという限られた場所の中でより効率的に、より安全に活動できるように意見を出し合い、工夫を重ね、建設的な話し合いをすることができました。

 文化委員会では、新しく届いた本に、ラベルを貼ったり、学校のスタンプを押したりしました。そして、注文した人が最初に読めるようにテーブルに並べました。

 

 2学期も学校生活がよりよいものになるように、みんなで協力してしています。


跳び箱運動

 8月31日。

 本日の全校体育では、ソーラン節の確認から、跳び箱運動を行いました。跳び箱をするのが初めてする児童もいるため、器具の運び方から指導を行いました。

 

 『跳び箱を安全に運ぶには?』

 

・一段目は、ひっくり返して白い柔らかい布の 方を下にして運ぶ。誤って落ちても最小限の怪我ですむ。

・二段目からは、一人でも運べる工夫が最近の跳び箱にはなされている。中央に1本持つことができる板があるので、枠の中に入ってその1本を持つ。中央の1本も、誤って落とした場合にも、最小限の怪我ですむ。

 

 そのようなことを確認した後に、スモールステップで跳び箱までやっていきました。

 

最初は、全く器具を使わずに、自分の体だけで。

 

次は、跳び箱の1段目だけで。

 

回転技の前には、マットで十分に練習してから。

 

 

 得意な子だけではなく、苦手な子も、嫌な思いをすることなく、少しずつ達成感を味わいながら学習することができました。

 


2学期保護者総会・説明会

 8月30日。

 本日は、午後より保護者総会・説明会が行われました。

 2学期の行事予定・新しく始まるムンバイタイム・学習発表会・野外活動・修学旅行・バス運営・その他まで盛りだくさんの内容ですが、スムーズに会を進めることができました。

 今後、変更等が出てくるかもしれませんが、調整していきたいと思いますので、ご理解とご協力宜しくお願いいたします。

 子供たちのよりよい成長につなげられるよい時間となりました。ありがとうございました。


お別れ会

 8月29日。

 今日の6時間目に、2年生の女の子とのお別れ会がありました。日本人学校では、たくさんの出会いがあり、そしてその数だけ別れもあります。

 

 児童生徒会主体となって、お別れ会を開きました。学校長・児童生徒会・学級の友だち一人ひとりからのお別れの言葉、メモリアルクリスタル、歌、そして学校全員からの寄せ書きを送りました。溢れんばかりの想いがホールを覆い、素敵な時間を過ごすことができました。

 

 きっと新しい場所でも、みんなに大切にされ、楽しい学校生活を送ることと思います。これからもずっとムンバイ日本人学校から応援しています。

 

 


2学期スタート!

 8月28日。

 学校が賑やかさを取り戻しました!そうです、今日から新学期スタートです。いつものように、子ども達をロビーで迎えました。

 

「泣かずに来れるかな?」

 

「笑顔で降りてくるかな?」

 

 そんな心配をよそに、元気いっぱいバスを降りてくる子ども達。もしかしたら、家を出る時は、そうでなかったかもしれません。しかし、友だちと再会し、安心したのかもしれませんが、たくさんの笑顔を見ることができ、安心しました。

 

 始業式では、終業式で学校長が子どもたちに問いかけた「インドを外から見てみよう」ということに関連して、現在の世界の気候についての話を聞きました。変化していく気候。私たちがより快適に過ごせるように考えていかなければならないという課題をもったことでしょう。

 

 そして、児童・生徒代表の発表では、4人が2学期に向けて話をしました。

 

 小学2年生の男の子の発表は、野外活動を楽しみにしており、その際に1年生が困っていたら自分が助けてあげたいという思いやりの心を込めた内容でした。

 

 小学4年生の女の子の発表は、ムンバイに来たばかりだけど、英語が上手なみんなに負けないように頑張りたいという力強い内容でした。

 

 小学6年生の男の子の発表は、文章を書くのが苦手なので力をつけたい、そして、学習発表会に向けて台詞をしっかり覚えていきたいと自分の苦手なところをしっかり分析して、改善していこうとするやる気に満ちた内容となりました。

 

 中学部の女の子は、優先順位をつけて物事に取り組めるようになりたい、昨年英語劇で練習が足りなったので今年の学習発表会は頑張りたいというプログラミング的思考も入った発表内容となりました。

 

 その後、各教室では夏休みの話をしたり、2学期のめあてを決めたりと、新学期の学校生活に対して意欲付けとなる学級活動を行いました。

 

 今学期もどうぞご理解・ご協力よろしくお願い致します。何かございましたら、お気軽にご連絡ください。

 

 


終業式

 7月20日。

 本日は、終業式でした。4人の子ども達が、1学期の振り返りを発表してくれました。卓球大会やグルモハル祭など、思い出がいっぱいできたようです。

 

 校長先生のお話では、「日本に帰国した時など、インドから出たときに、感じるインドの良さを感じておいてほしい」ということが話されました。生活科、総合的な学習の時間につながるインドと日本の関係を再認識できる絶好の機会となるでしょう。

 

 生徒指導からも話がありました。1学期の学習のまとめをすること、引き続き挨拶もこれから出会う人にすること等がありました。

 

 日本では、熱中症のニュースがよく流れています。水分補給と涼しい場所で休むことを忘れずに外出してほしいと思います。また、水難事故や火の事故等にも気を付けて、安全で楽しい夏休みにしていただけたらと思います。

 

 子ども達が帰った後に、ヨガマットの消毒と乾燥を職員で行いました。2学期も、良い環境で学習ができますように。


IT'S A MOVIE DAY!

 7月19日。

 今日は、楽しみにしてきたMOVIE DAYです。

ホールとライブラリーに分かれて、それぞれ鑑賞しました。

 

 どちらも、英語の字幕付きです。子供たちは、耳で聞いているのでしょうか。目で読んでいるんおのでしょうか。抑揚で感じ取っているでしょうか。

 

 1学期は、買い物とランチの校外学習、図工と美術でのイマージョン教育、グルモハル祭での英語での発表などと様々な場面で、英語を使い、たっぷりと浸ってきました。

 

 日々の英会話や英語の学習での成長を感じとる機会になれば思います。夏休みでも、何か英語をBRUSH UP出来る機会があるといいですね。


1学期の思い出

 7月18日。

 1・2年生の掲示板には、「1学期の思い出 ~クレヨンと絵の具で~」のコーナーが出来上がっています。

 

 プールで泳ぐ様子やラジャバイクロックタワーに行った時の様子などが描かれています。1学期の学校生活がフラッシュバックのように思い出されます。実際の写真と、子ども達の心情が分かる絵を一緒にご覧ください。

 

 明日の午後からは、個人懇談会になっております。子ども達の様子を共有できる有意義な時間となればと思います。宜しくお願いいたします。


小学校⇔中学校

 7月17日。

 現在、中学部の掲示板には、3種類の作品が飾られています。

 

 1 社会科の新聞

  「世界各地かの人々の生活と環境」

  「世界から見た日本の人口」

 

 2 国語科

  「本のショーウィンドウ」

 

 3 国語科

  「言葉を集めよう」

 

 中学生らしい物の見方や表現の仕方が見られます。小学生にも、国語や社会がどのように中学校での学習につながっていくかが分かあり、励みになります。


想いをかたちに

 7月16日。

 本日は、5年生の発表朝会でした。

5年生の発表。海外生活でのとまどいや不安を減らし、貴重で有意義な経験が増え、家族の絆が一層深まることを願って行いました。

 

 一人ずつ、自分の思いが伝わるように、前を向き、語りかけるように発表しました。題は、

 

 「本当に必要なもの」…コミュニケーションをとるにあたって、大切なもの【想い】

 

 「折り紙で広がる友だちの輪」…転校して、友だちを作るのに気付いた大切なこと【自分から】

 

 「未来のぼくからのアドバイス」…友達、家族、環境(ムンバイ日本人学校のオープンライブラリー)の大切さ【気付き】

 

 「スラムの子どもたちのためにできること」…スラムツアーを体験して、自身が行動に移したことを振り返り、感じたこと【ありがたさ】

 

 3年生から出た感想では、

「4人全員の思いが伝わり、拍手が止まりませんでした」とありました。

 

 4人の願いが伝わったようです。


グルモハル祭 ~Lovely day~

 7月13日。

 本日は、グルモハル祭当日。

 

朝から、

 

 縁日出店の最終準備

 

 日本人学校縁日練習①

 

 日本人学校縁日練習②

 

 IITスクールの児童への縁日

 

 和太鼓発表

 

 各学年部の発表

 

 インドダンス

 

 ソーラン節

 

と盛りだくさんでした。

 

 これまでに、学習してきたこと、練習してきたことを発揮できました。最後は、すっかりへとへとになるほど心地よい疲れを、そして達成感を感じることができたようです。

 

 

 たくさんの英語が、日本語が、笑顔が飛び交う一日となりました。

 

"Thank you for this lovely day."

 

"More interaction.. happy to see the efforts."

 

 

 IITの児童生徒さん、来賓の方々からもたくさんの素敵な感想をいただきました。とても喜んで帰られました。今回のグルモハル祭が、日本とインドの友好関係の一助になれたのならば幸いです。

 

 保護者の皆様も子どもたちの頑張りを一緒に見届けていただき、誠にありがとうございました。

 

 

To whom may concern,

 

Thank you very much for visiting our school today. We are looking forward to having next interactions very soon. Hope you all enjoyed Gulmohar festival this year!!

 

Best regards.