意気衝天~Team BJS~

学習発表会、当日。

 

これまでの練習の成果を発揮するべく、児童生徒がSt. Andrew's Auditoriumに集まりました。

 

お客さんが多く来場して頂き、昨日までの会場とは雰囲気が異なる中、子どもたちは緊張に打ち勝つことが出来ました。

 

1.2年生…現地校との交流を重ねて、仲良し大作戦を見事に遂行している様子を伝えました。実際にステージ上で子ども同士が手を取る姿は、お互いの絆を物語っていました。

 

3.4年生…持続可能な社会の担い手として、環境問題をテーマに私たちができることを伝えました。今後も私たちの地球を考え、行動に移してもらいたいです。

 

5.6年生…グルモハル祭では日本の世界遺産を、今回はムンバイの世界遺産にフォーカスし、その価値を伝えました。"For the future" 未来に受け継がれる遺産を大切にしたいですね、

 

中学部…選挙をテーマに、インド・日本の問題点や改善策について考えを伝えました。修学旅行で学んだことを生かしながら、また自分たちの考えを日本語・英語で会場全体に発表しました。

 

インドダンス・ソーラン・全校合唱・演奏…

すべての演目において、掲げたスローガンの様に、全員が一体となり盛り上がりを見せた会となりました。

 

最後の校長挨拶では、子どもたちへ、この日まで練習を重ね、本番で見事に成功を収めた「感謝」の気持ちを伝えられました。

 

一年で最も大きな行事である学習発表会が終わると、二学期末に向かってのカウントダウンも始まります。Team BJSとして最後までスクラムを組んでいきましょう。

 

お忙しい中ご来場いただきました皆様、並びに平素より本校の子どもたちをサポートして下さっているすべての方に感謝申し上げます。