インドダンスクラブ⑥

今週は、2曲目の「Zoobi Doobi」の踊りが最後まで完成しました。

「春」のイメージらしく、鳥が楽しくさえずり、花々が芽吹き開花する様子を表現することができました。

 

2曲目の踊りは、柔らかさ・やさしさ・暖かさを表現するため、柔らかい布を使い、しなやかな動きを表現したり、躍動感あふれる場面の表現のため、舞台を所狭しと動き回るなど、プーナム先生の指導の下、それぞれが、雰囲気や印象を表現するため工夫を凝らしながら、踊っていました。

 

1曲目の「Koi Iadki Hai」で、モンスーンによる大地の恵みを表現し、続けて2曲目で春のイメージを表現しています。季節の変化を躍動感あふれる子どもたちの動きから、肌で感じることができました。