一学期の最終週となりました

グルモハル祭から数日が経ち、子どもたちの日々の日記からは、「全力で臨むことが出来た」という達成感が得られていた様子が読み取れました。また、本行事のねらい「日本文化を伝える」は、現地校の児童と十分にコミュニケーションを取ることができており、達成感を得られていました。

 

一方で、緊張の糸が切れたのか、子どもたちが少しつかれている様子が見られました。また、一日の中で体調不良を訴える子もいました。残り一週間、毎日元気に登校してもらいたいと思います。引き続き、ご家庭での体調管理をよろしくお願いいたします。