グルモハルを背に

本日は、グルモハル祭に向けてソーランで着用する法被を児童・生徒に配布しました。

この法被は前身のボンベイ日本人学校の頃から代々着用されており、とても長い歴史をもちます。背中には大きく「火焔樹(グルモハル)」の字が刻まれています。年間を通して、グルモハル祭・日本語学習者文化祭・運動会などの場で使用します。

 

明日は全校児童生徒全員が揃って法被を着用し、ソーランの練習をします。グルモハルの花の様に、大きくのびやかな踊りを意識していきましょう。