NO MUSIC NO LIFE

 

 5月26日。

 日本人学校コンサートを開催いたしました。

 ヴァイオリンの西村美香さん、チェロのMagudalena Sas(マグダレーナ・サス) さん、ピアノのTatiana Dichenko(タチアナ・ディチェンコ)さん、歌唱の新垣眞広さんの4名の音楽家をお招きいたしました。

 

 子どもたちは事前に学習したこともふまえながら、とても真剣な表情で聴き入っていました。休憩時間には音楽家のみなさんにサポートしてもらいながら、ヴァイオリンの演奏を体験することができました。音楽家のみなさんも、お客さまが一生懸命、温かく聴いてくれてとても嬉しかったとおっしゃっていました。

 

 

 私たちはなぜ、太古の時代から音楽を求めてきたのでしょうか。

 

 私たちの生きる道に音楽はどのように寄り添い、力になってくれるのでしょうか。

 

 今日、音楽を極めたプロの音色を間近で聴き、子どもたちが心のどこかに、音楽とはなにか、自分にとっての音楽のよさはどこにあるのか、ということを思ってくれれば、と願っております。