朝ヨガ ~体験の向こう側~

 4月18日。

 本日、ムンバイ日本人学校ならではの朝の活動(15分間)『朝ヨガ』がスタートしました。

週に2回(水曜日と金曜日)行います。

 講師は、本年度もバンダナさんです。子どもたちは、バンダナさんを囲むようにヨガマットを敷き、心を落ち着かせて始まりを待ちます。

 

「オーーーーーーーム(AUM)。」

 

始まりました。

座禅を組み、お腹から息を出すようにして、声を出します。

 

全身で伸びたり、

 

足を交差させてバランスをとって立ったり、

 

座ったまま上半身を床につけたり、

 

様々な動きがあります。

 

最後は、仰向けになり右手をお腹に添え、自分の呼吸を意識するように心も体もゆっくりと休めました。自然と集中力もついていきます。

 

 終わってみると、体はなんだか軽く感じ、気分もスッキリ。一時間目の授業に向かう子どもたちの足取りはどこか軽やか。

 朝の活動にヨガがあることは、インドの文化を体験するだけではない意味があるのですね。

 

 

朝ヨガで心も体もスッキリ。

さあ、今日も張り切って学習に臨みましょう。