子ども達の意欲を高めます。

 4月11日。

 スタートして、3日目。朝、8時前に子供たちを学校前で迎えると、バスから降りてくるみんなの顔からわくわくドキドキの期待が伺えます。

 

 今日は、子どもたちが楽しみにしている「クラブ活動・委員会活動」について全校集会で話がありました。

 クラブ活動には、①インド体験クラブ②インドダンスクラブがあります。インド体験クラブでは、チャイやインドのお菓子を試飲、試食をしたり、象の神様【ガネーシャ】を粘土で作ったりしながら、インドの文化や歴史に触れていきます。

 インドダンスクラブでは、11月の学習発表会での大舞台に向けてインドダンスをみっちり練習していきます。新しい衣装も楽しみですね。

 委員会活動は、小学部・中学部計31名全員が、メンバーに入ります。本の読み聞かせや百人一首大会の準備・司会進行をする等の文化委員会と体育の時間の整理運動や卓球大会・球技大会などの準備・司会進行をする体育委員会のどちらに所属することになります。小規模校だからこそ一年生から「みんなで協力してすばらしい学校」にしていきたいですね。

 そして、3時間目には、「総合的な学習の時間・生活」についての話がありました。

 1・2年生のテーマは、◎だいすきインド~あそび・ふれあい・まちたんけん~、3・4年生のテーマは、◎インドを調べよう!~生活文化・おまつり・神様~、5・6年生のテーマは、◎インドの歴史を知ろう!~インドの偉人・建築物~、中学生のテーマは、◎インドの未来を考えよう~インドの社会・産業・教育~です。

 昨年の写真を見ながら、説明を聞く子どもたちの瞳はきらきら。反応も大!今月24日の第一回社会科見学の行先は・・。「明日、発表!」ということで、子どもたちの意欲・関心は最大に高まったまま、帰宅したかと思います。

 

この総合・生活学習を通して、

 楽しく勉強して考える力や学び方、ものの考え方を身につけ、よりよく問題を解決する資質や能力などの力を養っていきます。