応援団立ち上げ

 1月22日。

 本日は、初めての運動会の応援団の集まりがありました。

 今回は、応援合戦で使う「台詞」について話し合って決めました。紅も白も、それぞれ一工夫したものが出来上がりました。

 運動会まで一か月を切っています。どんな仕上がりになるか楽しみです。


感謝の気持ち ~家庭科~

 1月21日。

 本日は、5・6年生の家庭科でミシンを使った授業が行われました。糸をボビンに巻くことなどを行いました。

 

 本日は、保護者の方もボランティアで来てくださったこともあり、子ども達もすぐに質問して解決することができました。ご協力ありがとうございました。

 

 また、今回使ったミシンは、ブラザー様より昨年の12月12日に寄贈していただいた最新式のものです。(針に糸をかける装置も付いています)早速、活用させていただいています。感謝申し上げます。

 

 このようにたくさんの方々に支えられて、ここインドでも学習活動ができています。感謝の気持ちを忘れずに、色々なことに取り組んで欲しいと思います。


伝統の音に耳を傾けて

 先週の日本文化体験デーをふまえ、3,4年生が音楽科でお箏の学習をしました。

 

 箏の構造を知り、十三本の弦を弾いて「さくらさくら」を演奏しました。多くの曲を「ドレミ」で学習している子どもたちですが、この日は「七、七、八~♪」と弦の番号で歌いながら箏を奏でました。初めはおしゃべりでにぎやかだったホールが、演奏が上達するにつれて音が合わさり、美しい調べと声に満たされていきました。

 

 日本人が古くから大切に育んできた音色を、遠いムンバイで体感することができました。他の学年もこれから音楽の授業でお箏の演奏に取り組みます。

 


学校公開日

 1月15日。

 本日は、学校公開日でした。インフルエンザ等の予防のためマスクをつけての学習となったり、授業の予定を少し変更したためご迷惑をお掛けしましたが、子ども達が普段学んでいる様子が少しでもご覧いただけましたら幸いです。

 

 子ども達も、保護者の顔を見て、喜んだり、恥ずかしがったり、緊張したりと少し普段と違う一日になったようです。

 

 明日の学校公開日は、中止となります。引き続き、学校でも手の消毒やマスクの着用などを徹底し、予防に努めていきます。ご家庭でもしっかりと休養をとり、体調管理に気を付けるようお声掛けください。


児童生徒朝会

 1月14日。

 本日は、児童生徒朝会がありました。

 

 今回は、先週行われた「日本文化体験デー」の百人一首とカルタで優勝した子ども達へ賞状が授与されました。賞状をもらった子も、そうでない子も来年に向けてまた意気込んでいました。

 

 楽しみながらも、競争心ももって挑むことで、これから国際社会に出ていく素地を養うことができますね。


日本文化体験デー&書初め

 1月11日。

 本日は、日本文化体験デー、そして5年生以上の書初めが行われました。

 

 日本文化体験では、「煎茶道」「日本音楽」「剣道」「五色百人一首」「カルタ」を楽しみました。

 

 煎茶道では、「ちょうだいします。」「おいしゅうございました。」などと上品な作法を体験したり、「日本音楽」では、琴で「さくらさくら」を弾いてみたり、剣道では、実際に竹刀を振ってみたりしました。

 

 「五色百人一首」や「いろはかるた」でも、読みあげられる札を注意深く聞き、瞬発力を発揮していました。

 

 日本以上に、日本を感じる一日に。


火災避難訓練

 1月10日。

 先日、火災避難訓練が行われました。口にハンカチなどをあてて腰を低くし、煙をできるだけ吸わないように避難します。子ども達は、前回よりも真剣に取り組むことができました。

 

 また、『お・か・し・も』は日本でもムンバイでも同じです。『お・か・し・も』とは何なのか、子ども達に聞いてみてください。

 


百人一首・カルタ抽選会

 1月9日。

 今週の金曜日には、日本文化体験デーが設定されています。そこで行われる百人一首とカルタの対戦相手の抽選を行いました。

 

 また、当日は、茶道、日本の音楽、剣道の体験まであります。子ども達もきっと楽しみにしていると思います。行事の多い三学期です。たっぷり楽しんでほしいと思います。


始業式・歓迎会

 1月8日。

 本日は、始業式でした。久しぶりの子どもたちの声で一気に学校が明るくなりました。

 

 また、始業式の後には、転入生の歓迎会が行われました。迎える子ども達も、とても嬉しそうです。その気持ちが、迎えられる方にも伝わったことと思います。

 

 温かい雰囲気で三学期もスタートです。


終業式・お別れ会

 12月21日。

 本日は、終業式でした。1・3・5・8年生の児童生徒が、二学期の反省や冬休みの目標、そして三学期の目標を発表してくれました。

 

 その後、日本へ帰国する友達へのお別れ会が行われました。歌、メッセージカード、クリスタルを贈ったり、想いを伝えあったりしました。涙する子、涙を堪える子、笑顔で送り出す子たくさんの想いでホールが包まれました。

 

 たくさんのお友達、保護者、教員で見送りました。ムンバイより日本での活躍を心よりお祈りしています。

 

 2018年も、本校の教育活動にご理解とご協力をしてくださり、ありがとうございました。どうぞよいお年をお迎えください。


もっと!Movie day!

 12月20日。

 待ちに待ったMovie dayでした。ホールとライブラリーに分かれて、自分が好きな映画を観ました。

 

 一学期にも開催したMovie day。少しでも、リスニング力の向上を感じられたらいいですね。

 

 そして今日は、『もっと!Movie day!』ということで、休憩時間にChipsとJuiceも休憩時間に楽しみました。いつも子供たちのためによりよい提案、準備をしてくださる英会話講師の方々に感謝です。


スタッフ感謝デー ~色々な方々に感謝の気持ちを~

 12月19日。

 本日は、『スタッフ感謝デー』がありました。普段からお世話になっているインド人スタッフへ感謝の気持ちを伝えるというものです。

 

 子ども達は、日本語と英語でスタッフの皆さんが分かるように説明をしました。『ゴロゴロどっかんゲーム』をしたり、メッセージカードを渡したり、各学年の音楽発表をしたりしました。

 

 スタッフの方々も子ども達も一緒に楽しい時間を過ごし、笑顔を出し合えたことはかけがえのないことです。下校時に、子ども達が「セキュリティーの方々にも感謝の気持ちを表したい!」と口にしていました。スタッフ感謝デーから感謝の心が広がっていくと素晴らしいですね。


火曜日は、ムンバイタイム

 12月18日。

 本日は、火曜日ということでムンバイタイムがありました。

 2年生も、タイピングやペインティングの練習に入っています。中学生は、mbotを光らせるプログラミングを行っていました。

 火曜日は、ムンバイタイムということで、この時間を朝から楽しみにしている子たちが増えています。


児童生徒朝会

 12月17日。

 本日は、児童生徒朝会がありました。

 2019年1月11日(金)に行われる『日本文化体験Day』でカルタ体験、または百人一首体験どちらにエントリーするかということを決めました。今回から始まるカルタ体験に興味があるようで、大人気でした。

 このムンバイで、日本の文化を体験する良い機会になるようにしていきます。


球技大会

 12月14日。

 本日の午後に球技大会が行われました。これまで、それぞれのチームで練習してきたこと、話し合ってきたことを発揮できるようみんな意気込んで臨みました。

 

 低学年も高学年も、自分のチームが助け合いながらプレーしていました。帰りのバスでは、「来年も球技大会あるのですか?」といういう声もあがり、次を楽しみにしているようでした。

 

 たくさん走り回って疲れた一日となったかもしれません。週末ゆっくり休んでほしいと思います。


キャリア講演会

 12月13日。

 本日は、キャリア講演会が行われました。演題は、【持続可能な社会の担い手となる皆さんへ】です。講師としてJFEスチールインディアの淺野様をお招きして行われました。

 

 淺野様の話を聞いて、もっと勉強したい、もっと知りたいと思った子ども達もいたようです。興味関心を刺激され、改めて自分の将来、人生に考えるよいきっかけとなったようです。

 

 御講演していただき、ありがとうございました。


スタッフ感謝デー練習

続きを読む

鑑賞文 ~中学生~

 12月11日。

 中学生の掲示板には、国語科の鑑賞文があります。

 絵画作品の構図、配置、色などの具体的な根拠から、聞こえてくる音、伝わってくる匂いなどを想像し、魅力が伝わるように書かれています。

 絵画を見なくても、文字から情景が浮かんでくる作品になっています。先に文を読んでから、絵画を見てもよし。絵画を見てから、文を読んでもよし。色々な楽しみ方ができます。

 御来校の際には、ぜひご覧ください。


Udayachal小学校訪問

 

1210日 Udayachal小学校訪問

 

 

 

 ヴィクロリ駅近くにある Udayachal(ウダヤチャル)小学校のご招待を受け、1,2年生が訪問し、2年生58名と交流してきました。初めにUdayachal小学校のみなさんがインドと日本の木や動物について調べたことを発表してくれました。次に、日本とインドの子どもたちが一緒にお互いの国歌を歌い、「キラキラ星」、「さくらさくら」を演奏しました。最後はインドの遊び「ビー玉バトル」「ラゴリ」と日本の遊び「めんこ」を紹介し合い、一緒に遊び、とても充実した時間を過ごすことができました。

 

 4月からムンバイと日本のすてきなところを学び続け、グルモハル祭、学習発表会を経て、今日ムンバイの子どもたちと学んだことを共有することができました。この交流がこれからずっと続き、今日がその記念すべき第一日になれば嬉しいです。

 

 温かいホスピタリティで1,2年生を迎えてくださったUdayachal小学校の皆さまに感謝申し上げます。

 


全校体育 ~サッカー~

続きを読む

成長し続けるということ

 12月6日。

 今日は、運動会の役員決めをしました。決めた役は、団長、太鼓、旗手です。

 

 周りから高学年が推薦され、高学年で話し合い、最後は自ら手を挙げて決まりました。

 

 学習発表会でもそうですが、人数が少ない分一人ひとりが輝く機会が多くあります。その機会を無駄にせず、自分の成長の場としてとらえて、これからの人生の糧にしていってほしいと願います。


英会話Breakfast

 12月5日。

 本日は、英会話Breakfastがありました。

 

 担任の先生と英会話講師とIndian style omeletteを自分の好きな具材で作りました。今朝、出来立てのパンと一緒に喜んで食べました。

 

 待っている間や食べた後は、1・2年生は、ムンバイ日本人学校手作り英語カードで遊びました。3年生以上は、テレビに映し出された今年の様々な行事を見ながら、英語で会話をしました。

 

 みんな意欲的に英語を使って会話を楽しんで食事をするという、英会話と異文化体験と同時に楽しむことができる有意義な時間となりました。

 

 ムンバイ日本人学校ならではの素敵な行事です。次の英会話行事は、学期末のMovie dayです。子供たちの日頃の学習の成果を生活場面に広げていきます。


職業体験 ~キッザニア~

 12月4日。

 本日は、1~4年生は、キッザニアに職業体験に行きました。

 

 1・2年生は、学年を混ぜて3グループで、3・4年生は各学年でグループを組み、学年に応じためあてをもって活動に取り組みました。

 

 アクティビティーを楽しみながら、私たちが暮らす社会にどんな仕事があるかを知り、働く人の苦労や喜びを感じ取ってほしいです。今日の経験が、これからどう生きていくかを考える一助になることを願います。


2学期まとめの時期

 12月3日。

 本日の朝の活動は、全校朝会でした。学校長の話では、師走に入ったこと、そして、マルチスズキ鮎川社長から教育の重要性について伺ったことを子ども達に伝えました。

 

 その後、日本人学校の子どもたちの運動会の組み分け、体調管理についての話があり、最後にスタッフ感謝デーの概要についての説明がありました。

 

 学習面や生活面、運動面すべてを含めて、二学期のまとめの時期となっています。


餅つき大会

 12月2日。

 本日は、日本人会の餅つき大会がありました。総勢300人を超す日本人の方々が集まり一緒に餅をついたり、こねたりして日本文化を味わいました。

 

 子ども達も「4個食べた!」「10個食べた!」と好きなお餅を食べたようです。あんこ餅に、きなこ餅、大根餅に、海苔巻き餅、みなさんはどれが美味しかったですか。意外と、たくわんやらっきょうも人気だったようです。

 

 今年も残り1か月となりました。よい一年の締めくくりができそうです。

 

 


マルチスズキ訪問②

続きを読む

マルチスズキ訪問①

続きを読む

みんなでDrawing

 11月29日。

 現在、ホールの壁に10メートルほどの絵が掲示されています。1・2年生が、図工の時間に「まち」を題材にして書きました。

 

 カラフルで明るい作品は、いつものホールを楽しくしてくれています。短期間の掲示となりますので、ご覧になられたい方は、お早めにどうぞ。


1・2年生英会話校外学習

 11月28日。

 本日は、1・2年生の英会話校外学習がありました。

 

 朝から子ども達は、わくわくです。英会話担当教員に、「昨日の夜は、家族で今日のことを話しながらご飯を食べました。とても楽しみです。今日は、よろしくお願いします。」と、言ってくる子どももいました☆

 

 スーパーマーケットでの買い物は混雑することもなく、スムーズに会計までできました。その後、ピザ屋さんに行きました。友だちと一緒に食べるのが嬉しかったのでしょう。ピザを八枚食べる子もいました。

 

 何よりも、終始英語で話しかけ、答えている子ども達に日頃の英会話学習の成果を感じることでした。

 

 怪我をしたり、泣いたりする子もなく、無事に学習を終えることができました。今日の夜は、"What did you buy?"などと、英語で会話をしてみてください。きっと、喜んで話しかけてくれることと思います。


学年に応じたプログラミング学習

 11月27日。

 本日は、ムンバイタイムが行われました。9月から始まり、いよいよ軌道に乗ってきています。

 

1年生は、アルゴリズムで体を動かしながら、

2年生はmyルビーの本を作り、

3年生は、カードで車に指令を出す教材を使い、4年生は、ジュニアスクラッチでプログラミング、

5年生は、基板を使って音楽作り、

6年生はゲームのプログラミング、

中学生はmボットで音楽作り。

 

 それぞれの学年の段階に応じて、プログラミング教育が行われています。2020年の本格実施に向けて、研究を深めていきたいところです。


2年生発表朝会

 11月26日。

 本日は、2年生の発表朝会がありました。2年生では、国語の授業で「お手紙」を学習しました。今回の発表朝会では、子ども達が『親愛なる家族』へお手紙を書き、それを発表しました。

 

 家族一人ひとりへ感謝の気持ちを表す「ありがとう」がたくさん散りばめられていて、他学年の子供たちからは、「家族への思いが伝わって良かったです!」「感動しました!」という感想が出ていました。

 

 最後に、それぞれの保護者のところにお手紙を渡しにいき、思いを形にした素敵な月曜日の朝となりました。


釘打ち名人

 11月22日。

 3・4年生の図工では、「金づちを使いながら、作品を作る」活動を行っています。

 

 今は、どうやら木版に絵を描き終え、その木版を囲むように、枠をボンドで張り付けています。

 

 これから、その絵の描かれた木版に釘を打っていくようです。どんな作品になるか楽しみです。


意見文 ~中学2年生~

 11月21日。

 中学部の掲示板には、「根拠を明確にして意見を書こう」ということで、中学2年生が意見文を書いてあります。

 

 環境問題について情報収集し、自分の意見・根拠・反論に対する考えの整合性を考えたものとなっています。

 

 御来校の際には、ぜひご覧ください。


基盤を使ったプログラミング

 11月20日。

 本日は、ムンバイタイムが行われました。中学部の「mボット」に引き続き、小学部高学年も「ichigojam」という基盤を使った学習に入りました。

 

 基盤とディスプレイ、キーボードを組み立ててやってみました。プログラミングのコードを打って、赤いLEDライトを点灯させたり、点滅させたり、点灯時間を指定したりとそれぞれが楽しみながら、工夫していました。

 

 何よりも「面白い!」と言って、学習している様子が微笑ましいです。


転入生歓迎会

 11月19日。

 本日は、転入生歓迎会が行われました。1年生に新しい仲間が加わりました。

 

 不安と期待を胸に、本日登校したことと思います。迎える子どもたちは、自分たちも同じ経験をしたからこそ、一人ひとり温かい言葉掛けができました。

 

 きっと安心したことでしょう。みんなでプレゼントした歌「にじいろ」のように、素敵なスタートが切れたことと願います。


全校体育

 11月16日。

 本日の午後は、全校体育です。本日は、体力・運動能力調査の「50m走」と「ソフトボール投げ」を行ってから、サッカーの練習を行います。

 

 本日のテーマは、

「ボールに親しむ・パスの仕方を知る」です。

 

 気温が35度程あるので、日陰で水分補給の時間を十分に設けるなどして熱中症対策をしっかり行い、学習に臨みます。

 


成長を実感して

 11月15日。

 学習発表会の写真の掲示、そしてインドの方々からの感想を職員室前の掲示板に貼ってあります。

 

 また、1・2年生の掲示板には、学習発表会の時の思い出を絵で表したものが貼られています。

 

 頑張って終わりではなくて、頑張った自分の努力を胸に刻み自分自身の成長を実感してほしいと思います。


球技大会チーム会議

 11月14日。

 本日の昼休みに、球技大会チーム会議が行われました。低学年、高学年に分かれて、チームの名前やめあてなどを決めました。

 

 また、次の楽しみに向かって意欲を高め始めている子ども達です。


球技大会チーム決め

 11月13日。

 本日は、球技大会のチーム決めが行われました。今年もサッカーを行います。

 

 低学年、高学年のパートに分かれます。低学年は、3チーム、高学年は2チームです。

 

 早速、今週の金曜日から練習が始まります。


Diwali明けて

 11月12日。

 全校朝会がありました。学校長から、学習発表会からDiwali明けについて話がありました。

 

 まず、学習発表会でとても素晴らしい発表ができたこと、そしてしっかりと成功させることができたこと。

 

 次に、一休みできたDiwaliが明けたことで、これからまた少しずつペースを取り戻していくこと。

 

 子どもたちの日記でも、学習発表会で味わえた満足感や達成感が書かれてありました。余韻を楽しみながらスタートした月曜日です。


学習発表会 

 11月3日。

 学習発表会が終わりました。本日の演目は、以下の通りです。

 

♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦

和太鼓

1・2年生の言葉

合唱

1・2年生発表「遊びが大好き子どもの物語」

3・4年生発表「インドを100倍楽しむ方法」

インドダンス(5曲)

印日協会による歌発表

5・6年生発表「日印関係 ~マルチスズキを通して~」

中学部発表「私たちが願うこれからの幸せ」

英語劇「Sato family's Friday evening with TV」

インド体験クラブ

ソーラン

グランドフィナーレ

♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦

 

 子供たちは、これまでの練習過程を通して身に付けた力を存分に出してくれました。それ以上に、後半からは笑顔も出始め、舞台を楽しんでいるように見えました。

 

 全員、練習を重ねるたびに成長していきました。恥ずかしく思うこともあったでしょう。そんなにやらなくてもと思うこともあったでしょう。しかし、今日のグランドフィナーレでの「スキップ」や「スマイル」を見ていると、そんな思いを乗り越えて、成功体験を味わえたのではないかなと思います。

 

 私たち職員も子ども達一人ひとりといつも以上に向き合い、話し合い、一つの目標に向かったこの一か月でした。子供たちとの信頼関係もより深まりました。

 

 本日まで、ご家庭での台詞練習や衣装準備などご協力いただきありがとうございました。そして、本日もたくさんの応援をいただきありがとうございました。

 

 子供たちの無限の可能性をこれからも伸ばしていきたいと思います。今後ともご理解とご協力宜しくお願いいたします。

 

 

☆☆☆☆☆☆Have a happy Diwali☆☆☆☆☆☆

 

 

 


最終リハーサル

 11月2日。

 本日、最終リハーサルが行われました。ほとんど途中で止めることもなく、本番と同じように進めていきました。

 

 これまでの練習の中でも一番の仕上がりです。英会話講師も、「涙が出そうだった」と口にしていました。

 

 たくさんの想いがつまった学習発表会。ご期待ください。


最終リハーサルへ

 11月1日。

 本日は、初めての会場練習でした。ステージの感覚も、声の響きも、やはり学校のホールとは全く違います。

 

 しかし、子ども達はやはり「会場練習」ということで、いつも以上がに気合が入っていました。

 

 一人ひとりの目つき、口の開く大きさ、手や足を使った動作がまるで違います。台詞もほとんど引っかかることもなく、言うことができました。

 

 明日は、いよいよ最終リハーサルです。

 

 


Diwali and more

 10月31日。

 今日は、英語劇のフィナーレの部分を練習しました。「Heal the world」の歌に、ステップや動きを付けていきました。

 

 一つひとつの動きに、意味をもたせるように、その意味が伝わるように作り上げました。

 

 子ども達は、たくさんの方々が当日ご来場されることを楽しみにしています。

 

P.S 写真は、学校のエレベーター前に作られたスタッフ手作りのディワリの装飾です。


あるべき姿 ~心の成長~

 10月30日。

 本日は、高学年の英語劇の練習を行いました。今日は、特に「動き」に重点を置いて確認していきました。

 

 やはり、高学年になると恥ずかしさも出てきます。しかし、その時自分を十年後、二十年後、ビデオを見返したときに、恥ずかしがっている姿をどう思うか、あるべき本当の姿なのか、よく考えてみるように伝えながら指導をしました。「分かってはいるけど、なかなかそうできない」道徳のような学びです。

 

 子ども達と一つひとつ「どんな動きをすればいいのか」一緒に考えながら、最高のパフォーマンスができるように、そして、そのことが心の成長につながるように、残りの日々を3日間を過ごしていきたと思います。

 


心の成長 ~行事を通して~

 10月29日。

 本日は、学習発表会全体練習の2回目が行われました。金曜日に比べて、台詞を覚えてきた子が多く見られ、よりスムーズに練習ができました。

 

 しかし、学習発表会は、ただ台詞を音声にするだけではありません。学んできたことを、見に来た人々の心まで響かせ、伝えなければなりません。

 

 そのために、台詞をスムーズに言うことはもちろん、声の大きさ、動作、表情まで使って、一人ひとりの想いを伝えてほしいと思います。

 

 この一大行事を通して、子ども達の心の成長を伸ばしていけたらと思います。


学習発表会全体練習①

 10月26日。

 本日の1~3校時に学習発表会の通し練習がありました。ホールに、本番の舞台と同じ広さになるようにテープを貼り、学年発表や英語劇などを練習しました。

 

 舞台への出入りや放送、スライド、音響、ライト、幕など細かいところまで確認します。

 

 いよいよあと1週間となりました。週末に、ご家庭でも台詞練習、演技練習など一緒にしていただけますと、子ども達もさらに学習発表会に向かって意欲が増すと思います。最高のパフォーマンスができるようご協力よろしくお願いします。


本番さながらに

 10月25日。

 朝の活動では、学習発表会で歌う「気球に乗ってどこまでも」と高学年の「和太鼓」の練習を行いました。

 

 「本番さながらに」歌うことができました。オープニングの和太鼓も「歌舞伎風」の掛け声になっていて、日本を感じられる工夫がされています。

 

 明日は、学習発表会全体練習です。

 

 

 


Heal the world

 10月24日。

 本日は、英語劇でのフィナーレ曲の練習を全学年で行いました。

 

 今回の曲は、マイケルジャクソンの「Heal the world」です。みなさんも聞いたことがあると思いますが、とても素敵な曲です。高音を透き通るような声で合唱することができました。

 

 昨年度に引き続き、新垣様が指導をしてくださっています。たくさんの方々が関わり、たくさんの想いがつまった学習発表会になりそうです。


最高のパフォーマンスを目指して

 10月23日。

 本日は、学習発表会での英語劇の通し練習を行いました。全学年で行うのは、これが初めてです。

 

 台詞に、一段と動きや踊りなどが加わり、いよいよ仕上げに近づいてきました。緊張のせいか、声が小さくなったり、台詞がとんでしまう子も。

 

 大舞台に向けて、これからの練習を通して緊張にも慣れていってほしいと思います。

 

 最高のパフォーマンスを目指して。

 


心は出発 ~野外活動&修学旅行~

 10月22日。

 本日の1時間目は、野外活動と修学旅行に分かれて説明がありました。食事やホテルなどの詳しい紹介もありました。

 

 野外活動班では、グループ別に、顔合わせとレクリエーションの打ち合わせを行いました。

 

 修学旅行班では、最後にスローガンを決めました。決まったものは、「『笑顔』 ~インドで最高の思い出を~」です。修学旅行の目的を一人ひとり自分の中で理解し、自分たちの言葉にして、まとめていきました。

 

 すでに活動も旅行も始まっていますね。


インドダンスクラブ仕上げへ

 10月19日。

 本日は、午後にインドダンスクラブがありました。いよいよ学習発表会まで2週間となりました。

 

 4曲目は、それぞれペアやグループになって形を作る場面があります。ここも見どころの一つになります。詳しくは、インドダンスクラブのページをご覧ください。


音楽科研究授業

 10月17日。

 本日は、音楽科の研究授業がありました。本日のねらいは、「いろいろなリズムパターンの反復を生かして組み合わせ、思いをもっておまつりの音楽を作る」でした。そこで、本校の研修主題「プログラミング的思考を育成し、協働的学習を実現する」する手立てについて協議しました。

 

 色分けされたカードで、友だちと話し合いながら16小節のリズム音楽を組み合わせながら作っていきます。出来上がったら、和太鼓で演奏し、話し合って改善し、また演奏してみるというパターンでよりよい音楽へと高めていきました。

 

 子どもたちの声からも、「繰り返しがあると(演奏)しやすいし、簡単。楽しい」とあがっていました。

 

 普段からアンプラグド教材でプログラミング的思考を養っている子ども達からは、「繰り返し」という言葉より早く「ループ」という言葉が出ていました。

 

 ムンバイタイムを始め、横断的にプログラミン的思考が育まれているようです。もちろん、音楽のよさである創造性もしっかりと育まれています。

 


みんな遊び

 10月16日。

 今日は、みんな遊びの日でした。今日の遊びは、「こおり鬼」でした。

 

 ホールの中なので、すぐに捕まってしまいます。しかし、すぐに味方にタッチしてもらって、逃げることもできます。

 

 いろいろな工夫を入れながら、遊び方を考えていきたいですね。


歯科指導&検診

 10月15日。

 本日は、全校歯科指導と歯科検診がありました。西埼玉中央病院からお越し下さった田中健一先生が、指導と検診をしてくださいました。

 

 歯の模型を使いながら、むし歯がどのようなものが説明してくださいます。

 

 そして、青色LEDライトを使って、磨き残しがあるかどうか、それぞれ確認しました。やはり、歯のくぼみ、隣接部などがピンクに光っていること(歯垢が残っている)が多かったです。

 

 今日は、自分自身の磨き方の癖・磨き残しがちな箇所を知ることができました。早速、今日からの歯磨きに活かしていきたいですね。


インドダンスクラブ

 10月12日。

 本日の午後に、インドダンスがありました。いよいよ学習発表会までに練習するのも数回となりました。

 

 4曲全ての細かいところを調整していきます。ペアまたはグループで行うパートを追加で練習しました。

 

 詳しくは、インドダンスクラブのページをご覧ください。


横浜市教職員の方々による視察

 10月11日。

 本日は、ムンバイの姉妹都市である横浜市の教職員8名が、視察に来られました。

 

 授業参観をされたり、子ども達の下校後には私たち職員と合同で研究協議をされました。研究協議では、2つのグループに分かれて以下の2点を中心に話し合いました。

 

・プログラミング的思考について

・今、子ども達が身につけるべき資質について

 

 話し合いが止まらないほど盛り上がり、とても有意義な会となりました。今回、練り上げ、共有できたことを今後の教育活動に活かしていきたいと思います。

 

 横浜市の先生方ありがとうございました。またのお越しをお待ちしております。


調べたことを報告しよう ~中学1年生~

 10月10日。

 中学生の掲示板では、中学1年生の国語科で学習した報告書が掲示されています。単元名は、「調べたことを報告しよう」です。

 

 それぞれの生徒が課題をもった言葉について、辞書やアンケートなどで調べたことをレポートの構成に沿ってまとめられています。

 

 「目標とめあて」

 「卵と玉子」

 「みんなと全員」

 

 アンケートの結果もそうですが、考察も興味深いものになっています。ご来校の際には、ぜひご覧ください。


文化委員による読み聞かせ

 10月9日。

 本日は、文化委員による読み聞かせが、1~3年生を対象にありました。

 

 いつも遊んでくれるお姉さんからの読み聞かせ。みんな楽しそうに、そして次の場面を予想しながら聞いていました。

 

 想像力豊かな子ども達に育っていきます。


眼の輝き

 10月8日。

 本日の朝の活動は、児童生徒朝会でした。

 

 今回は、体育委員会が考えてきたリレー遊びを行いました。ホールの端から反対側にあるコーンまで走り、タッチして戻ってくるというものです。

 

 短い距離ではありますが、子ども達の眼は急にきらきら輝き、笑顔で走り始めました。

 

 力いっぱい走るからでしょうか。

 

 競い合うからでしょうか。

 

 協力するからでしょうか。

 

 今週も元気よくスタートです。


感謝の心

 10月5日。

 本日の3・4時間目に、総合的な学習の時間の時間で、サムヒギンボトム農工科学大学教授・アラハバード有機農業組合創設者である三浦様と平野様が、中学生を対象に講話に来てくださいました。

 

 AOAC(アラハバード有機農業組合)では、日本米や味噌、醤油などの加工食品も作られています。このように持続可能な有機農業促進、無添加の農産加工、流通・販売を軸にした、小規模零細農民の自立と農村の持続可能な発展と、インドに滞在する日本食・自然食好きな方の食卓を豊かにすることを目指してきたそうです。

 

 一番大切なことは「感謝」ということです。食べ物を作る人とそれを食べる人の支え合い、相互の感謝。自然に対する畏敬と感謝。

 

「いただきます」と、しっかりと「感謝」の心を込めていいたいですね。


豊かな情操を培って

 10月4日。

 本日の朝の活動は、歌練習でした。

 

「気球に乗ってどこまでも」

「この地球のどこかで」

 

の2曲を練習しました。

 

 曲に合わせた発声の仕方・表情を友だちと楽しみ、関わりながら確認し、意欲を高めます。

 

 2曲目の「この地球のどこかで」では、中学部を始めとした高学年が、アルトパートも披露しました。最後にソプラノと合わせ、子ども達は、その重なり合いに驚きと心地よさを感じながら歌いあげました。

 

 音楽や図工の芸術教科などは、豊かな情操を培います。


英語劇練習

 10月3日。

 本日、高学年の英語劇の練習がありました。いよいよ本番まで残り1か月となりました。

 

 バッチリ台詞を覚えている子も出てきました。しかし、みんなの前で演技となると緊張してしまうようで、思い切った演技ができない子もいます。

 

 せっかくの大舞台での発表。達成感や成就感を味わってほしいです。今後、人前でプレゼンテーションをしたり、話したりすることが増えてくると思います。その時に、最大限の力を発揮できるように、この「練習過程」を大切にして励ましていきたいと思います。

 

 ご家庭でも、お声掛けよろしくお願い致します。


調理実習 ~調理実習~

 10月1日。

 本日の3・4時間目に中学部では、調理実習をしています。作っているのは、「豚の生姜焼き」と「豚汁」です。

 

 「豚の生姜焼き」は、醤油とみりんと生姜でしっかりと付け込まれていました。

 

 さあ、どんな味にあるでしょうか。インド人スタッフもサポートしてくれています。


インドダンス3曲目

 9月28日。

 本日は、インドダンスクラブが午後よりありました。

 

 いよいよ今年3曲目。少し進んでは、少し戻ってと繰り返しながら、着実に身に付けてきています。

 

 今日は、この3曲目も最後まで通すことができました。詳しくは、インド体験クラブ・インドクラブ報告ページをご覧ください。


南西アジア・中東・アフリカ地区 日本人学校等校長研究協議会

 9月27日。

 本日は、南西アジア・中東・アフリカ地区 日本人学校等校長研究協議会の2日目でした。

 

 本日は、ムンバイ日本人学校に文部科学省の沼田様、外務省の豊田様、そして各地区の校長先生と配偶者の方々などをお招きして、授業を参観していただいたり、学校紹介をさせていただきました。

 

 授業は、「プログラミング的思考をもたせるための手立て」「主体的・協働的な学習を促すための手立て」をポイントに見ていただきました。

 

 学校紹介では、

 

1年間の行事紹介を学年ごとに行ったり、

 低学年が今年度の英語劇の紹介をしたり、

 中学年以上がインドダンスを踊ったり、

 全員でソーラン節を披露したりして、

 

短い時間ではありましたが、ムンバイ日本人学校がどのように学習活動を行っているのかを知っていただきました。

 

 また、前日の歓迎会では、私たちムンバイ日本人学校以上に厳しい環境の中で教育活動をされている先生方と情報交換させていただきました。今一度、教育の在り方について考えるとともに、今回いただいたご意見・ご感想を今後の教育活動に活かしていきたいと思います。

 

 本日はご来校いただき、ありがとうございました。


家庭科作品の掲示

 9月26日。

 家庭科の学習の作品を掲示してあります。

 

 5年生は、「初めてのソーイング」ということで、玉どめ・玉結び・なみ縫い、半返し縫いなどの練習布に挑戦しました。

 

 6年生は、1枚のハンカチから小物入れを作っています。

 

 中学生は、身近にある布(ハンドタオル等)を活かして、ペットボトルホルダーを作っています。

 

 学年によって学習内容が発展していくのが分かるのは、小・中学校が一緒になっているムンバイ日本人学校の良さの一つですね。


プログラミング学習②(ムンバイタイム)

 9月25日。

 本日の7時間目は、ムンバイタイムでした。各学年、それぞれのカリキュラムに合わせて進めています。

 

 2年生では、自分の名前をキャラクターなどに暗号化するという【データ構造】の学習を行いました。集中して取り組んでいました。

 

 5年生では、タイピング練習を行いました。自分で、時間設定を行い、スコアをはかります。回数を重ねるごとに、スコアが上がっていき、喜びを感じていました。

 

 中学部では、ロボットの組み立て作業に入りました。二人一ペアになり、協力して作業を行いました。

 

 どの学年も、意欲的かつ集中して学習に臨んでいました。プログラミング学習の目標の一つである『よく考える』ことは、達成しつつあります。


4年生発表朝会

 9月24日。

 今日の朝の活動は、4年生の発表朝会でした。

 

 4年生では、「誰もがよりよく関わるためには」というテーマで、一人ひとり発表しました。

 

『ひらがなやカタカナの起源』

 

『日常会話で使えるタイ語』

 

『ルイ・ブライユを通した点字の紹介』

 

『とびらプロジェクトを通した点字や芸術作品への触れ方』

 

『フィンランドと日本の点字を通した人々の関わり合い』

 

 それぞれが、今までの人生で経験したことや学習したことを活かした発表となりました。私たちの普段の生活にも今日の発表を聞いて、感じたこと・考えたことを取り入れていきたいですね。


昆虫と私

 9月21日。

 現在、3年生教室の前の掲示板には、3・4年生の図工の作品が飾られています。

 

 子ども達が「大好きなこん虫を大きくていねいに」描いています。そこには、虫の世界で遊んでいる自分自身も入っています。

 

 ダイナミックでいて、細かいところまでところまで描かれている作品です。

 

 御来校の際には、ぜひご覧ください。


東京2020大会マスコットと選手村

 9月20日。

 5・6年生の図工では、2020年の東京オリンピックをムンバイからも応援するように、「東京2020大会マスコットと選手村」というタイトルで街並みの模型とそれを紹介するポスターを作りました。

 

 東京の近代的な街並みに調和した緑の青の自然、清潔感が流れる素敵な作品たちです。

 

 現在は、ワークルームに掲示しています。ご来校の際には、ぜひご覧ください。

 

 

♦ムンバイ日本人学校は、オリンピック参加認定校です。


To welcome

 9月19日。

 本日のあひルタイムでは、本校で9月27日に行われる「南西アジア・中東・アフリカ地区 日本人学校等校長研究協議会」の発表練習をしました。

 

 ムンバイ日本人学校を1時間で知っていただくために、各学年による行事紹介・ミニ英語劇・インドダンス・ソーラン節など、児童生徒会を中心に工夫を凝らしているところです。

 

 児童生徒31人をはじめとする全員でお待ちしております。


プログラミング学習 ~ムンバイタイム~

 9月18日。

 本日の7時間目に本格的にムンバイタイム(プログラミング学習)がスタートしました。それぞれの学年によって、毎回の学習内容も異なります。

 

 1・2年生は、アンプラグド教材を使用して、しばらくプログラミング的思考を養っていきます。絵本のストーリーを通して、一人ひとり予想したり、みんなで問題を解決したりしたようです。紙でできたパソコンを組み立てたりもしていました。

 

 3~6年生は、基本的なPCスキルのおさらいをしました。普段の授業でもPCを使うことが多いのですが、一つ一つ確認していくと、

 

「今まで、出来たり出来なかったりしていたけど、今日はよくパソコンの使い方が分かるようになった」

 

「夢中になって、45分があっという間だった。楽しかった。」

 

と子ども達から声があがりました。

 

 実際には、ペイントソフトを使って、ダブルクリックやドラッグの仕方などを確認したり、キーボードソフトでどの指で文字を打つといいのかを確認したりしました。

 

 中学部は、本日は試験期間中ですので、次回からスタートとなります。これから回を重ねるごとに、プログラミング作成や基盤作成、ロボット作成などとどんどん発展的な内容へと移っていきます。

 

 子供たちも、火曜日の七時間目が楽しみのようです。


今週も笑顔でスタート

 9月17日。

 本日の朝の活動は、児童生徒朝会でした。本日は、文化委員会からの出し物で、クイズを行いました。

 

 各学年から1人、はてなボックスの中にある問題を取り出して答えを考えます。答えが分かったら、ホールの3か所①、②、③の札のところに移動して、解答を待ちます。

 

 朝から笑顔あふれる活動となりました。では、みなさんにも一つ問題を。

 

-Question-

「着いたら、他に行きましょう」と言われました。さて、どこの都道府県に行ったでしょうか。


遠くからの贈り物

 9月14日。

 本校の掲示板に現在、花の絵が飾られています。この作品は、夏休み期間中に、日本の兵庫県【花いちりん描く会】から送られてきたものです。

 

 ムンバイ日本人学校のホームページを見て、送って今回送ってくださることになったようです。お手紙にもありますが、これらの四季折々のお花の作品を見て、日本を感じ、楽しく幸せな気持ちにさせていただいております。

 

 こうして、遠く離れた場所ムンバイまで、日本人の子どもたちを気に掛け、応援してくださる方々がいらっしゃることに驚くことと同時に感謝の気持ちでいっぱいです。

 

 とても大切な縁になりそうです。


マドゥバニ体験

 9月12日。

 第3回インド体験クラブが行われました。今回は、インドの伝統絵画「マドゥバニ」です。

 

 二重線による枠取りと鮮やかな色彩を特徴とし、自然や神話を主なモチーフにしています。それぞれの学年の発達段階に応じて、作業を行いました。それぞれが自由な線を描き、色を塗り、個性がきらきら輝く2時間となりました。

 

 詳しくは、インド体験クラブのページをご覧ください。


ムンバイタイム開始!!

 9月11日。

 本日の午後、ムンバイタイム(プログラミング学習)がスタートしました。NTTコミュニケーションズ・インディアの後藤様をゲストティーチャーとしてお呼びして、プログラミング学習の導入を行いました。

 

 事前学習を行っていたこともあり、子ども達は

 

 「情報通信」

 「光ファイバー」

 「AI」

 「IoT」

 「シンギュラリティ」

 

 など、難しい言葉も理解できていたようです。子供たちの意欲関心を高めるためにたくさんの仕掛けを工夫をしていただきました。

 

光ファイバーやパソコンを分解した実物を見せてもらったり、

 

昨年度まで本校で働いていた職員とテレビ電話をしてみたり、

 

ミニカーが動き、それがブロックを倒し、センサーを反応させて、音楽を流すというアナログなプログラミングを見せていただいたりして、

 

子ども達のムンバイタイムに対する意欲を最大限に高めてくださいました。

 

 今回のために、本当に多くの時間と労力を費やしてくださった後藤様に感謝致します。子ども達もきっと感じ取ったことと思います。

 

「よりよい生活を送るために、どうしたらいいのか考えること。問題を解決するには、どうしたらよいかよく考えること。」

 

 よりよく考える子どもたちへ。


児童生徒朝会

 9月10日。

 本日の朝の活動は、児童生徒朝会でした。まずは、先月の生活目標を振り返り、そして今月の生活目標を確認しました。

 

 9月の目標は2つあります。

・校長会発表に向けて、計画的に行動しよう

・自分から進んで心を込めて挨拶しよう

 

 そして、それぞれ体育委員長と文化委員長から連絡がありました。みんな遊びの日のアンケートについてと本の扱い方についてでした。特に、新しい本が入ってきているので、みんなで大切に扱っていけるよう「しおりを使うこと」を確認しました。

 

 この朝会は、子どもたちが主体となって進めることで、自分たちのこととして感じ取り、よりよい学校生活を送くろうとするきっかけとなることを期待します。


新曲インドダンス始めました

 9月7日。

 本日の午後には、インドダンスクラブがありました。一学期のグルモハル祭に発表したものに加えて、新たに加えます。今日は、インドの子ども2人もデモンストレーションに来てくれました。

 

 新しいダンスということで、子ども達も嬉しそうに新しい振り付けを覚えていきました。やはり一つひとつの動きに意味があるものになります。

 

 2学期もたっぷりインドを体験していきます。


2学期の学習の流れ

 9月6日。

 本日の5時間目に、2学期の学習の流れを確認しました。

 

 まず、1つ目は、ムンバイタイム(プログラミング学習)についてです。来週の火曜日にゲストティーチャーをお呼びして、プログラミング学習の導入を行います。そのための事前学習を、動画を通して行いました。

 

 そして、2つ目に総合的な学習の時間についてです。今月末の校長会での発表・11月の学習発表会・修学旅行に向けてそれぞれ計画的に学習を進めていくように確認をしました。

 

 Step by Stepで、着実に子どもたちが総合的に力をつけてけるようにしていきます。


英語劇の練習スタート

 9月5日。

 本日から、学習発表会の英語劇に向けた本格的な練習が始まりました。夏休み期間中に、子ども達は台詞をほとんど覚えてきていました。

 

 週3回、英会話の授業を受けている子ども達。分からない単語も、なんとかフォニックスで読もうと頑張っています。これを続けていると、これから先、知らない単語が出てきても「カタカナ英語」にならずに、適切に発音できることが期待できます。

 

 この練習を通して、さらに英語の発音に磨きをかけ、人前で話し、動くことに慣れていってほしいと思います。

 


よりよい2学期に

 9月4日。

 本日は、午後に委員会活動がありました。

 体育委員会では、朝の10分間で体を動かせる活動を考えました。ホールという限られた場所の中でより効率的に、より安全に活動できるように意見を出し合い、工夫を重ね、建設的な話し合いをすることができました。

 文化委員会では、新しく届いた本に、ラベルを貼ったり、学校のスタンプを押したりしました。そして、注文した人が最初に読めるようにテーブルに並べました。

 

 2学期も学校生活がよりよいものになるように、みんなで協力してしています。


跳び箱運動

 8月31日。

 本日の全校体育では、ソーラン節の確認から、跳び箱運動を行いました。跳び箱をするのが初めてする児童もいるため、器具の運び方から指導を行いました。

 

 『跳び箱を安全に運ぶには?』

 

・一段目は、ひっくり返して白い柔らかい布の 方を下にして運ぶ。誤って落ちても最小限の怪我ですむ。

・二段目からは、一人でも運べる工夫が最近の跳び箱にはなされている。中央に1本持つことができる板があるので、枠の中に入ってその1本を持つ。中央の1本も、誤って落とした場合にも、最小限の怪我ですむ。

 

 そのようなことを確認した後に、スモールステップで跳び箱までやっていきました。

 

最初は、全く器具を使わずに、自分の体だけで。

 

次は、跳び箱の1段目だけで。

 

回転技の前には、マットで十分に練習してから。

 

 

 得意な子だけではなく、苦手な子も、嫌な思いをすることなく、少しずつ達成感を味わいながら学習することができました。

 


2学期保護者総会・説明会

 8月30日。

 本日は、午後より保護者総会・説明会が行われました。

 2学期の行事予定・新しく始まるムンバイタイム・学習発表会・野外活動・修学旅行・バス運営・その他まで盛りだくさんの内容ですが、スムーズに会を進めることができました。

 今後、変更等が出てくるかもしれませんが、調整していきたいと思いますので、ご理解とご協力宜しくお願いいたします。

 子供たちのよりよい成長につなげられるよい時間となりました。ありがとうございました。


お別れ会

 8月29日。

 今日の6時間目に、2年生の女の子とのお別れ会がありました。日本人学校では、たくさんの出会いがあり、そしてその数だけ別れもあります。

 

 児童生徒会主体となって、お別れ会を開きました。学校長・児童生徒会・学級の友だち一人ひとりからのお別れの言葉、メモリアルクリスタル、歌、そして学校全員からの寄せ書きを送りました。溢れんばかりの想いがホールを覆い、素敵な時間を過ごすことができました。

 

 きっと新しい場所でも、みんなに大切にされ、楽しい学校生活を送ることと思います。これからもずっとムンバイ日本人学校から応援しています。

 

 


2学期スタート!

 8月28日。

 学校が賑やかさを取り戻しました!そうです、今日から新学期スタートです。いつものように、子ども達をロビーで迎えました。

 

「泣かずに来れるかな?」

 

「笑顔で降りてくるかな?」

 

 そんな心配をよそに、元気いっぱいバスを降りてくる子ども達。もしかしたら、家を出る時は、そうでなかったかもしれません。しかし、友だちと再会し、安心したのかもしれませんが、たくさんの笑顔を見ることができ、安心しました。

 

 始業式では、終業式で学校長が子どもたちに問いかけた「インドを外から見てみよう」ということに関連して、現在の世界の気候についての話を聞きました。変化していく気候。私たちがより快適に過ごせるように考えていかなければならないという課題をもったことでしょう。

 

 そして、児童・生徒代表の発表では、4人が2学期に向けて話をしました。

 

 小学2年生の男の子の発表は、野外活動を楽しみにしており、その際に1年生が困っていたら自分が助けてあげたいという思いやりの心を込めた内容でした。

 

 小学4年生の女の子の発表は、ムンバイに来たばかりだけど、英語が上手なみんなに負けないように頑張りたいという力強い内容でした。

 

 小学6年生の男の子の発表は、文章を書くのが苦手なので力をつけたい、そして、学習発表会に向けて台詞をしっかり覚えていきたいと自分の苦手なところをしっかり分析して、改善していこうとするやる気に満ちた内容となりました。

 

 中学部の女の子は、優先順位をつけて物事に取り組めるようになりたい、昨年英語劇で練習が足りなったので今年の学習発表会は頑張りたいというプログラミング的思考も入った発表内容となりました。

 

 その後、各教室では夏休みの話をしたり、2学期のめあてを決めたりと、新学期の学校生活に対して意欲付けとなる学級活動を行いました。

 

 今学期もどうぞご理解・ご協力よろしくお願い致します。何かございましたら、お気軽にご連絡ください。

 

 


終業式

 7月20日。

 本日は、終業式でした。4人の子ども達が、1学期の振り返りを発表してくれました。卓球大会やグルモハル祭など、思い出がいっぱいできたようです。

 

 校長先生のお話では、「日本に帰国した時など、インドから出たときに、感じるインドの良さを感じておいてほしい」ということが話されました。生活科、総合的な学習の時間につながるインドと日本の関係を再認識できる絶好の機会となるでしょう。

 

 生徒指導からも話がありました。1学期の学習のまとめをすること、引き続き挨拶もこれから出会う人にすること等がありました。

 

 日本では、熱中症のニュースがよく流れています。水分補給と涼しい場所で休むことを忘れずに外出してほしいと思います。また、水難事故や火の事故等にも気を付けて、安全で楽しい夏休みにしていただけたらと思います。

 

 子ども達が帰った後に、ヨガマットの消毒と乾燥を職員で行いました。2学期も、良い環境で学習ができますように。


IT'S A MOVIE DAY!

 7月19日。

 今日は、楽しみにしてきたMOVIE DAYです。

ホールとライブラリーに分かれて、それぞれ鑑賞しました。

 

 どちらも、英語の字幕付きです。子供たちは、耳で聞いているのでしょうか。目で読んでいるんおのでしょうか。抑揚で感じ取っているでしょうか。

 

 1学期は、買い物とランチの校外学習、図工と美術でのイマージョン教育、グルモハル祭での英語での発表などと様々な場面で、英語を使い、たっぷりと浸ってきました。

 

 日々の英会話や英語の学習での成長を感じとる機会になれば思います。夏休みでも、何か英語をBRUSH UP出来る機会があるといいですね。


1学期の思い出

 7月18日。

 1・2年生の掲示板には、「1学期の思い出 ~クレヨンと絵の具で~」のコーナーが出来上がっています。

 

 プールで泳ぐ様子やラジャバイクロックタワーに行った時の様子などが描かれています。1学期の学校生活がフラッシュバックのように思い出されます。実際の写真と、子ども達の心情が分かる絵を一緒にご覧ください。

 

 明日の午後からは、個人懇談会になっております。子ども達の様子を共有できる有意義な時間となればと思います。宜しくお願いいたします。


小学校⇔中学校

 7月17日。

 現在、中学部の掲示板には、3種類の作品が飾られています。

 

 1 社会科の新聞

  「世界各地かの人々の生活と環境」

  「世界から見た日本の人口」

 

 2 国語科

  「本のショーウィンドウ」

 

 3 国語科

  「言葉を集めよう」

 

 中学生らしい物の見方や表現の仕方が見られます。小学生にも、国語や社会がどのように中学校での学習につながっていくかが分かあり、励みになります。


想いをかたちに

 7月16日。

 本日は、5年生の発表朝会でした。

5年生の発表。海外生活でのとまどいや不安を減らし、貴重で有意義な経験が増え、家族の絆が一層深まることを願って行いました。

 

 一人ずつ、自分の思いが伝わるように、前を向き、語りかけるように発表しました。題は、

 

 「本当に必要なもの」…コミュニケーションをとるにあたって、大切なもの【想い】

 

 「折り紙で広がる友だちの輪」…転校して、友だちを作るのに気付いた大切なこと【自分から】

 

 「未来のぼくからのアドバイス」…友達、家族、環境(ムンバイ日本人学校のオープンライブラリー)の大切さ【気付き】

 

 「スラムの子どもたちのためにできること」…スラムツアーを体験して、自身が行動に移したことを振り返り、感じたこと【ありがたさ】

 

 3年生から出た感想では、

「4人全員の思いが伝わり、拍手が止まりませんでした」とありました。

 

 4人の願いが伝わったようです。


グルモハル祭 ~Lovely day~

 7月13日。

 本日は、グルモハル祭当日。

 

朝から、

 

 縁日出店の最終準備

 

 日本人学校縁日練習①

 

 日本人学校縁日練習②

 

 IITスクールの児童への縁日

 

 和太鼓発表

 

 各学年部の発表

 

 インドダンス

 

 ソーラン節

 

と盛りだくさんでした。

 

 これまでに、学習してきたこと、練習してきたことを発揮できました。最後は、すっかりへとへとになるほど心地よい疲れを、そして達成感を感じることができたようです。

 

 

 たくさんの英語が、日本語が、笑顔が飛び交う一日となりました。

 

"Thank you for this lovely day."

 

"More interaction.. happy to see the efforts."

 

 

 IITの児童生徒さん、来賓の方々からもたくさんの素敵な感想をいただきました。とても喜んで帰られました。今回のグルモハル祭が、日本とインドの友好関係の一助になれたのならば幸いです。

 

 保護者の皆様も子どもたちの頑張りを一緒に見届けていただき、誠にありがとうございました。

 

 

To whom may concern,

 

Thank you very much for visiting our school today. We are looking forward to having next interactions very soon. Hope you all enjoyed Gulmohar festival this year!!

 

Best regards.

 

 

 

 


everything's ready

 7月12日。

 本日の5・6時間目には、明日のグルモハル祭前日準備が行われました。

 

 ポスターや日本の縁日の写真を掲示して、お祭りの雰囲気を高めます。『和』を感じるバックミュージックも後押しすることでしょう。

 

 後は、明日の天候を祈りたいと思います。


『魅せる』ために

 7月11日。

 本日のロング昼休みには、インドダンスからソーラン節の流れを確認しました。

 

 観に来てくださる方々に、『魅せる』ということを意識して登場、立ち位置確認、道具位置確認、退場などを決めていきます。

 

 何度も踊ってきたダンス、ソーラン節ですが、そこに意気込みが一枚一枚重ねられていきます。

 

 明日は、最終準備です。


ひとつのことば

 7月10日。

 今月の詩では、北原白秋さんの「ひとつのことば」を紹介しています。

 

 ひとつのことばで けんかして

 

 ひとつのことばで なかなおり

 

 『ひとつのことば』が持つ様々な意味が、対比されながら並べられています。

 

 じっくりと『ひとつのことば』を選び、発言できたらいいですね。まずは、自分自身が相手のことを考えられるゆったりと大らかな気持ちでいることが必要なのかもしれません。


雨の日が続いています

 7月9日。

 本日の朝の活動は、児童生徒朝会がありました。七月の生活のめあてを確認したり、グルモハル祭の歌(茶摘み)の練習をしたりしました。

 

 今日も、朝からどしゃ降りの雨が降り続いています。児童生徒が安全に帰宅できるようにしていきます。


One more week to go...

 7月6日。

 いよいよグルモハル祭まで、1週間。最後の仕上げに向かって、あちこちで練習の様子がうかがえます。職員室までの掲示板には、グルモハル祭の様々な情報が掲載されています。

 

 この行事には、4つの目的があります。

 

1 日常の学習の成果の発表

 

2 発表や練習を通して、創造性・表現力を養 

 い、併せて成就感を味わう

 

3 主体的な活動を通して、責任感や連帯感・協

 調性を養う

 

4 現地校の児童生徒や印日協会の方と交流を図

 り、国際性を養う

 

 1週間後に、子どもたちが4つの目的についてどの程度達成できたのか、聞いてみるのが楽しみです。なかなか目には見えず、形にも表れずらいものですが、子ども達の成長と変化を、

 

よく見て、

 

聞いて、

 

心で感じていきたいと思います。


グルモハル祭リハーサル

 7月5日。

 本日の午後からは、グルモハル祭のリハーサルが行われました。特に今日は、第2部での発表間の移動・準備などを確認しました。第2部では、

 

1 インド国歌・日本国家斉唱

2 和太鼓

3 1・2年生の発表

4 3・4年生の発表

5 5・6年生の発表

6 中学部の発表

7 「茶摘み」全校合唱

8 インドダンス

9 ソーラン節

 

 そしてプーネ印日協会の方々からの出し物が予定されています。いよいよ来週と言うことで、気持ちも引き締まります。


伝統ある法被

 7月4日。

 本日の朝の活動では、朝ソーランを行いました。といっても、今回は法被を配り、着てみることがメインでした。

 

 法被を着てみると、子ども達の心に一気に火が付いたようで、

 

 目力、

 

 力強さ、

 

が増しました。

 長年受け継がれてきた法被。その伝統を感じた朝となったようです。


新聞で交流

 7月3日。

 4年生が、ムンバイ日本人学校を紹介する新聞を作って、掲示しています。いろいろな見出しがあります。

 

「安全な学校」

 

「Fun!English」

 

「楽しいクラブ活動!」

 

「ヨガをやるとどんな効果が?」

 

「バスにのろうよ」

 

 ピンクの付箋には、児童生徒や職員からの感想が書かれています。図や絵、写真などを使って見やすく読みやすい工夫がなされていることに気が付いている感想もあります。ぜひ、ご来校の際にはご覧ください。